衆院、ロシア侵攻を「最も強い言葉で非難」…れいわ新選組除く与野党の賛成多数で可決

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

写真特集「停戦協議の裏で攻撃」はこちら

 衆院は1日の本会議で、ロシアによるウクライナ侵攻を「最も強い言葉で非難する」とした決議を、れいわ新選組を除く与野党の賛成多数で可決した。即時の攻撃停止と部隊撤収をロシアに求めた。

れいわ 山本代表当選
衆院本会議
衆院本会議

 決議は、ロシアの行動を「侵略」と位置づけ、「ウクライナの主権と領土の一体性を侵害し、武力の行使を禁ずる国際法の深刻な違反だ」と批判した。「日本が位置するアジアを含む国際社会秩序の根幹を揺るがしかねない」との認識を示した。

 日本政府に対しては、ウクライナ在住の邦人の安全確保に全力を尽くすことと、制裁を含めた「厳格な対応」を求めた。

 決議は衆院の山口俊一・議院運営委員長(自民党)ら超党派の議員が提出した。

【リアルタイム更新中】参院選 開票速報
参院選当選者 れいわ比例名簿・候補者
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2799326 0 国際 2022/03/01 13:15:00 2022/05/09 17:59:11 2022/05/09 17:59:11 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/03/20220301-OYT1I50085-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)