ロシア出身の世界的指揮者、ミュンヘン・フィルが解任…プーチン氏と深い親交のゲルギエフ氏

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ロシア人指揮者のワレリー・ゲルギエフ氏(ロイター)
ロシア人指揮者のワレリー・ゲルギエフ氏(ロイター)

 【ベルリン=中西賢司】ドイツ南部のミュンヘン市が、ロシア出身の世界的指揮者で、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者ワレリー・ゲルギエフ氏を解任した。

ピアノで「歌う」フランスの新星…極意は「音が消える瞬間まで耳を澄ませること」

 ゲルギエフ氏はロシアのプーチン大統領と親交が深いことで知られる。ミュンヘン市がロシアによるウクライナ侵攻に「明確に距離を置くこと」を要請したが、本人から返答がなかったという。市は1日付の発表で、「ロシアの支配者への肯定的評価を修正すると期待したが、そうはならなかった」と指摘した。

 ただ、政治信条を理由とした解任には否定的な声も出ている。スイス紙は「ロシアのパスポートを持つすべての芸術家に政治的立場の宣誓を強いるのか」と疑問を呈した。ドイツ政府の報道官は2日、「連邦政府がミュンヘン市の決定にコメントすることはない」としつつ、「この戦争はプーチンの戦争で、ロシア人の戦争ではない」と述べた。

スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2806417 0 国際 2022/03/03 18:14:00 2022/03/03 19:10:25 2022/03/03 19:10:25 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/03/20220303-OYT1I50118-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)