原発15基が現役のウクライナ、戦闘に巻き込まれれば甚大被害…IAEA非難決議

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

G7首脳、ウクライナ支援・対露制裁継続を表明…ゼレンスキー氏「数か月以内」決着へ軍事支援要請

作業員疲弊

 米海外向け放送「ボイス・オブ・アメリカ(VOA)」によると、チェルノブイリでは、ロシア軍が踏み込んだ時に夜勤に入っていた作業員95人を含む約300人が施設内に留め置かれた。食料が足りないため食事は1日1度しか出ず、作業員は12時間交代のシフトも組めずに働かされ続けているという。ウクライナ当局はVOAに、「肉体的にも精神的にも疲弊し、安全と監視を維持するための限られた措置しか行えない。このような状態はミスを引き起こす恐れがある」と答えた。

 IAEAのラファエル・グロッシ事務局長は2日の緊急理事会で、「原発で働く職員が安全で効果的に業務できること、健康が保証されていることが最も重要だ」と訴えた。

データ受信停止

 IAEAによると、ウクライナ各地の原発では、当局の作業員が引き続き勤務に携わり、通常運転を続けているという。

 ただ、加盟国間で放射線情報を共有するシステムで、南ウクライナ原発からのデータ受信が一時停止した。ザポリージャ原発は1日から受信が途絶えた状態で、ウクライナ当局が原因究明と復旧に努めているという。

1

2

ウクライナ侵攻、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2807548 0 国際 2022/03/04 05:00:00 2022/04/02 05:00:05 2022/04/02 05:00:05

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)