ザポリージャ原発火災、敷地内の訓練施設で発生…ウクライナ当局発表

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【モスクワ=工藤武人】ウクライナ非常事態当局は4日、公式SNSを通じ、南東部ザポリージャ州で発生した原子力発電所での火災に関し、燃えているのは敷地内にある訓練用の施設だと明らかにした。

侵攻続くウクライナ、動物園や水族館にも危機…動画で現地の声伝え支援呼びかけ
ウクライナ南東部のザポリージャ原発(AP)
ウクライナ南東部のザポリージャ原発(AP)

 火災は、ロシア軍による攻撃を受けていた4日午前2時25分(日本時間4日午前9時25分)頃、訓練用施設の建物の外部で発生した。5階建ての建物の上層階が燃えていると説明した。

ウクライナ侵攻、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2808510 0 国際 2022/03/04 12:50:00 2022/03/04 15:23:31 2022/03/04 15:23:31 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/03/20220304-OYT1I50094-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)