ウクライナ侵攻進まず「ロシアが化学兵器使う可能性も」…米国務長官が懸念

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=蒔田一彦】米国のブリンケン国務長官は17日の記者会見で、ウクライナ情勢について、「ロシアが化学兵器を使用する状況を整えている可能性があると信じている」と述べた。「ウクライナ侵攻は計画通りに進んでいない」と指摘し、外国からの雇い兵を投入するなどロシアがさらに攻撃をエスカレートさせることに懸念を示した。

米国のブリンケン国務長官(ロイター) 
米国のブリンケン国務長官(ロイター) 

 ウクライナでは市長が拉致される事件が起きており、ブリンケン氏は「地元当局者を捕まえて退かせ、代理を据えるのは、テロ戦術だ」と厳しく非難した。また、「市民を意図的に標的にするのは戦争犯罪だ」とも指摘し、戦争犯罪の証拠の収集や分析を進めるという。

 ロシアとウクライナは停戦協議を続けているが、ブリンケン氏は「我々が目にしているロシアの日々の行動は、戦争を終わらせるための真剣な外交努力とは全く対照的だ」と述べた。

ウクライナ侵攻、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2848340 0 国際 2022/03/18 23:02:00 2022/03/19 00:11:12 2022/03/19 00:11:12 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/03/20220318-OYT1I50190-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)