ゼレンスキー大統領が親ロシア派政党の活動禁止…攻撃の口実になる懸念も

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ウクライナの国営通信によると、ウォロディミル・ゼレンスキー大統領は20日、ロシアとの関係を重視する複数の政党について、国内での活動を一時的に禁止すると明らかにした。

完全制圧のヘルソン州、親露派「州政府」発足…飛び地カリーニングラード幹部がトップ就任
ゼレンスキー大統領=ロイター
ゼレンスキー大統領=ロイター

 ウクライナに侵攻したロシアが、親欧米派政権を転覆させ、親露派政権樹立を画策するのを抑える狙いとみられる。ただ、ロシアのプーチン政権は「迫害されている親露派住民の保護」を理由に侵攻を開始しており、攻撃をさらに強める口実にすることは必至だ。

 ゼレンスキー氏は20日未明に配信した国民向けのビデオメッセージで「(国内で)分裂などを目指す政治家たちの活動は成功しない。厳しい責任を負うことになる」と強調し、法整備も直ちに進める方針を示した。一部政党の活動禁止は、ロシアによる侵攻を受けた「戒厳令」の発令に基づくものだとし、国内最大の親露派政党など11政党が対象となると説明した。

ウクライナ侵略、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2851866 0 国際 2022/03/20 19:24:00 2022/03/21 01:02:42 2022/03/21 01:02:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/03/20220320-OYT1I50095-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)