ロシアが「サイバー攻撃の可能性を探っている」…バイデン氏、米企業に警戒強化を要請

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=山内竜介】米国のバイデン大統領は21日、「ロシアがサイバー攻撃の可能性を探っている」とする声明を出した。電力など重要インフラ(社会基盤)を担う米企業に警戒を強化するよう要請した。

バイデン米大統領
バイデン米大統領

 アン・ニューバーガー国家安全保障担当副補佐官は21日の記者会見で、米政府が前週、100社超の企業に情報を提供し、注意を呼びかけたと説明した。「ロシアが米国に破壊的なサイバー攻撃を行った場合、我々は対応する用意がある」と述べ、報復措置に踏み切る考えも示した。

 ホワイトハウスは具体的な対策として、最新のセキュリティーシステムの導入、データのバックアップ、緊急時対応の訓練などを挙げた。米国では昨年5月、サイバー攻撃を受けた国内最大級の石油パイプラインが操業停止に追い込まれた。

スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2855313 0 国際 2022/03/22 10:20:00 2022/03/22 10:43:14 2022/03/22 10:43:14 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/03/biden.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)