タリバン「制服がイスラム文化に沿わない」…女学校再開を喜ぶ生徒に突然の「帰宅命令」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【テヘラン=水野翔太】アフガニスタンのイスラム主義勢力タリバンは、23日に予定していた女子中高生の通学再開を当日になって撤回した。制服のデザインがイスラム教やアフガンの文化に沿わないことを理由に挙げ、通学の禁止措置を「当面続ける」としている。

カブールで23日、家の中でノートを見つめる女子生徒(ロイター)
カブールで23日、家の中でノートを見つめる女子生徒(ロイター)

 保守的なイスラム教国の同国は、小学校から高校までの教育は男女別学で行われている。昨年8月に実権を掌握して以降、タリバンは男女の小学生と男子中高生の通学を認める一方、女子中高生には「安全策が未整備」として事実上の自宅待機を命令していた。

 23日、首都カブールの女学校では再会を喜ぶ生徒たちの前に突然、学校関係者が現れ、「タリバンの指示があった」と告げて帰宅を命じた。高校2年の女子生徒(16)は「自宅という『監獄』から抜け出せるはずだった。タリバンに夢を再び壊された」と、本紙通信員に語った。

 タリバンはこれまで、女性の教育権をイスラム法の範囲で認める立場を示し、今週に入り女学校を23日に再開すると表明していた。それが覆された形で、米国務省のネッド・プライス報道官は23日の記者会見で「裏切り行為だ」と厳しく批判。タリバンが目指す国際社会による政権承認や支援に関して、「直接の影響が出る」とけん制した。

スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2863343 0 国際 2022/03/24 20:40:00 2022/03/24 21:59:52 2022/03/24 21:59:52 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/03/20220324-OYT1I50143-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)