露メディアがゼレンスキー氏を取材、当局が記事掲載しないよう求める

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ロシア通信監督局は27日、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領にインタビューした国内メディアに対し、インタビューの記事を掲載しないよう求めた。検察当局は同日、調査を開始した。

ウクライナ危機、識者の分析
ウクライナのゼレンスキー大統領(AP)
ウクライナのゼレンスキー大統領(AP)

 ウクライナ大統領府の発表によると、インタビューは27日、独立系メディア「ノーバヤ・ガゼータ」や有力紙「コメルサント」に所属する5人のロシア人記者が、オンライン形式で共同で行った。

 両紙は27日、「インタビュー公開は禁じられた」などと報じ、記事を掲載しなかった。しかし別のメディアが動画チャンネルを通じインタビュー内容を伝えた。

 ゼレンスキー氏はロシア語で質問に答え、「ロシアはウクライナ国内の政治を不安定化させようとしたが成功せず、軍事侵攻も成功していない」と指摘。露軍を「侵略者」と呼び、「ウクライナの都市や村を破壊し、恐ろしい犯罪を犯している」などと非難した。

ウクライナ侵略、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2873789 0 国際 2022/03/28 20:56:00 2022/03/28 22:12:02 2022/03/28 22:12:02 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/03/20220328-OYT1I50110-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)