苦戦のロシア軍幹部、プーチン氏に「怖くて真実を伝えられず」…米分析

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=横堀裕也】米ホワイトハウスのケイト・ベディングフィールド広報部長は30日の記者会見で、ロシアのウクライナ侵攻を巡る戦況について、プーチン大統領が軍から正確な情報を得られていなかったとの分析を明らかにした。

ゼレンスキー大統領、東洋大でオンライン講演会…「平和を支持してください」呼びかけ
プーチン大統領(ロイター)
プーチン大統領(ロイター)

 ロシア軍の苦戦が続く中、「軍幹部らは怖くて真実を伝えられなかった」とされ、不満を抱くプーチン氏と軍幹部の間には緊張関係が生じているという。

 ベディングフィールド氏によると、米欧による対露制裁を巡っても、側近らは露経済が大打撃を受けているとの実態を伝えず、プーチン氏に誤った情報を提供していたという。

 こうした分析は情報機関の機密情報に基づいているという。ベディングフィールド氏は機密情報を公開した理由について「プーチン氏とロシアがいかにひどい戦略的な過ちを犯したかを広く示すため」と説明した。

 これに関連して、ブリンケン米国務長官は30日の記者会見で、「権威主義国家のアキレスけんの一つは、権力を握る者に対して真実を伝えられる人間がいないということだ。我々は、ロシアでも同様のことが起きているのを目の当たりにしていると思う」と語った。

ウクライナ侵略、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2881843 0 国際 2022/03/31 11:11:00 2022/03/31 11:47:42 2022/03/31 11:47:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/03/20220331-OYT1I50062-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)