フランス大統領選決選投票へ…マクロン氏は「反極右」、ルペン氏は「反マクロン」の結集目指す

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

マクロン氏(ロイター)
マクロン氏(ロイター)

 【パリ=山田真也】フランスで10日に行われた大統領選挙の第1回投票は、現職のエマニュエル・マクロン氏が首位で決選投票に進出することが確実になったが、2位のマリーヌ・ルペン氏の追い上げを受けた。「反極右」を掲げるマクロン氏に対し、ルペン氏は「反マクロン」勢力の結集を目指している。

ルペン氏(ロイター)
ルペン氏(ロイター)

 決選投票でマクロン氏の大きな課題は、第1回投票で乱立していた左派候補の票の取り込みだ。善戦した急進左派「不服従のフランス」のジャンリュック・メランション氏は「ルペン氏に1票たりとも投票してはならない」と強調し、環境政党「欧州エコロジー・緑の党」のヤニック・ジャド氏らもマクロン氏への投票を訴えた。

 だが、労働者層など左派系の有権者は、マクロン氏が実施した富裕層減税などに反発しており、楽観できる状況ではない。

 一方、ルペン氏はマクロン氏への批判票を集めたい考えだ。10日には「第1回投票でマクロン氏に投票しなかった全ての人に、私に投票するよう呼びかける」と訴えた。

 敗北したもう1人の極右候補、エリック・ゼムール氏は「私は自分の敵が誰かを認識している。ルペン氏に投票するよう呼びかける」と述べた。ルペン氏は決選投票でも、低・中所得者層への経済支援策などを訴え、左派、右派を問わず支持拡大を図る。

スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2911711 0 国際 2022/04/11 12:25:00 2022/04/11 12:25:00 2022/04/11 12:25:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220411-OYT1I50035-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)