ポーランド大統領「これは戦争ではない、テロだ」…バルト3国大統領らとキーウ訪問

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ベルリン=中西賢司】ポーランドとバルト3国のエストニア、ラトビア、リトアニアの大統領が13日、ウクライナの首都キーウ(キエフ)を訪問し、ウォロディミル・ゼレンスキー大統領と会談した。4か国の首脳はウクライナへの軍事支援強化などを表明した。

ウクライナ復興会議、「ルガノ宣言」採択し閉幕…復興費用に踏み込まず
13日、首都キーウで、ウクライナのゼレンスキー大統領(中央)と会談したポーランドとバルト3国の大統領=AP
13日、首都キーウで、ウクライナのゼレンスキー大統領(中央)と会談したポーランドとバルト3国の大統領=AP

 ポーランド通信などによると、ポーランドのアンジェイ・ドゥダ大統領は共同記者会見で「これは戦争ではない。兵士が民間人を殺害するために送られるなら、テロだ」とロシアを批判し、ラトビアのエギルス・レビッツ大統領は「あらゆる種類の武器でウクライナを支援することが我々の義務」と訴えた。ゼレンスキー氏は「偉大な指導者に感謝したい」と応じた。

 4人の大統領は、激しい戦闘があったキーウ近郊ボロジャンカなども訪れた。

 今回の訪問を巡っては、ロシアに融和的とされたドイツのフランクワルター・シュタインマイヤー大統領が訪問を拒否されたと明らかにしたが、ゼレンスキー大統領は13日、ドイツ側から「公式に打診されていなかった」と述べた。

ウクライナ侵略、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2921640 0 国際 2022/04/14 13:37:00 2022/04/14 15:29:42 2022/04/14 15:29:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220414-OYT1I50046-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)