プーチン大統領、ブチャ民間人殺害疑惑の部隊に「親衛隊」称号…「英雄的行為と勇気示した」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ロシア大統領府によると、プーチン大統領は18日、ウクライナの首都キーウ(キエフ)近郊ブチャで、民間人殺害に関与した疑惑が指摘される軍部隊に「親衛隊」の称号を与えた。プーチン氏は「祖国と国益を守る軍事行動において、英雄的行為と勇気を示した」などと部隊の功績をたたえた。

穀物輸送の外国貨物船、ウクライナ南部に到着…ロシアの侵略後初の入港
プーチン露大統領
プーチン露大統領

 ブチャでは部隊の撤収後、4月中旬までに350人以上の民間人の遺体が見つかり、露軍による「戦争犯罪」の責任追及を求める声が国際的に高まった。

 プーチン政権には、称号を授与することで、民間人殺害について捜査を進める国際刑事裁判所(ICC)の動きへの反発を示し、侵攻を続ける露軍の士気を高める狙いがありそうだ。

 ウクライナ国防省は今月、ブチャで「戦争犯罪に直接関与した」として、この部隊の約2000人の名簿を公表した。

ウクライナ侵略、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2935173 0 国際 2022/04/19 19:18:00 2022/04/19 20:36:22 2022/04/19 20:36:22 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220419-OYT1I50098-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)