ロシア軍の25%超、現時点で「戦闘に耐えられない状態」…露側の誤算続くと英分析

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ロンドン=池田慶太】英国のベン・ウォレス国防相は25日の下院で、ウクライナ軍との戦闘によるロシア軍の戦死者が約1万5000人に上るとの英政府の分析を明らかにした。1351人が死亡したとする露側の発表を大きく上回る。

【随時更新】ロシア軍、ウクライナに侵攻…最新ニュース・速報まとめ
英国のベン・ウォレス国防相=AP
英国のベン・ウォレス国防相=AP

 ウォレス氏は、露軍の装甲車両も2000台超が破壊されたか、ウクライナ軍に奪われたと述べた。内訳は戦車が少なくとも530両、歩兵戦闘車が560台など。ヘリと戦闘機は計60機超を失ったとした。

 2月の侵攻開始当初、露軍は地上戦闘人員の約65%を投入し、1000人近い兵士で構成する大隊戦術グループを120以上集結させたが、現時点で25%超が戦闘に耐えられない状態にあるといい、ウォレス氏は、露側の誤算が続いているとの認識を示した。

 また、ウォレス氏は英国がウクライナに対し、対空ミサイルを搭載した装甲車「ストーマー」を複数台供与することも表明した。

ウクライナ侵略、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2952133 0 国際 2022/04/26 10:47:00 2022/04/26 17:21:23 2022/04/26 17:21:23 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220426-OYT1I50046-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)