プーチン氏支持率は82%、ウクライナ侵攻「支持する」74%…ロシア世論調査

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ロシアの独立系世論調査機関「レバダ・センター」が、4月下旬に実施したロシア軍によるウクライナでの「特殊軍事作戦」に関する世論調査で、「支持する」との回答が74%で3月の調査から7ポイント減少した。プーチン大統領の支持率も82%と前回から1ポイント下がった。政権側による厳しい情報統制にもかかわらず、侵攻の長期化が世論に影響し始めている可能性がある。

ロシア軍の補給ルート遮断、孤立化狙う…ウクライナ軍が南部要衝の橋攻撃
プーチン露大統領(AP)
プーチン露大統領(AP)

 ロシアはウクライナ侵攻を「特殊軍事作戦」と称している。調査結果は4月28日に発表され、作戦を「支持しない」との回答は19%で前回から5ポイント上昇した。作戦の成否に関して尋ねた質問では、68%が「成功している」と答え、「失敗している」は17%だった。

 失敗していると考える理由としては「長期化」(48%)が最多で、2番目が「子どもを含む市民や軍人など多くが犠牲になっている」(31%)だった。

ウクライナ侵略、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2969301 0 国際 2022/05/02 18:36:00 2022/05/02 19:24:02 2022/05/02 19:24:02 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220502-OYT1I50081-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)