韓国地裁、三菱重工に3件目の資産売却命令…元挺身隊員巡る訴訟で決定

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ソウル=溝田拓士】韓国で2018年、三菱重工業に対する賠償命令が確定した元女子勤労 挺身 ( ていしん ) 隊員らを巡る訴訟を巡り、 大田 ( テジョン ) 地裁が4月29日、三菱に関する3件目の資産売却命令を出していたことがわかった。原告の支援団体が2日、明らかにした。

 同訴訟では、死亡した1人を除く原告4人が三菱の特許権や商標権の売却命令を地裁にそれぞれ申請しており、今回の決定はそのうちの1人に関するものだ。

 10日に発足する 尹錫悦 ( ユンソクヨル ) 次期政権は日韓関係改善に意欲を示しているが、日本企業の韓国内資産の現金化に向けた司法の関連手続きは刻々と進んでいる。

スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2969335 0 国際 2022/05/02 19:13:00 2022/05/14 20:00:04 2022/05/14 20:00:04

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)