ロシア外相「ヒトラーにユダヤ人の血が入っている」…イスラエルの猛反発必至

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は1日のイタリア・テレビ局とのインタビューで、ユダヤ人を大量虐殺したナチス・ドイツの独裁者ヒトラーについて「私は間違っているかもしれないが、ユダヤ人の血が入っている」と述べた。停戦協議の仲介に乗り出していたイスラエルの猛反発は必至だ。

NATO、ロシアを敵国認定・中国の「組織的な挑戦」明記…首脳会議で新たな「戦略概念」採択
ロシアのラブロフ外相(ロイター)
ロシアのラブロフ外相(ロイター)

 ラブロフ氏は、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領について、「自身がユダヤ系なのでウクライナにナチズムは存在しないと言っているが、その説明は妥当ではない」と主張した。ロシアはゼレンスキー政権を一方的にナチス・ドイツになぞらえて非難し、ウクライナに軍事侵攻する大義名分とした。

ウクライナ侵略、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2970188 0 国際 2022/05/03 00:27:00 2022/05/03 00:27:00 2022/05/03 00:27:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220503-OYT1I50004-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)