謝罪拒否の構えだったロシア、強硬姿勢を懸念しイスラエルに謝罪…「ヒトラーにユダヤ人の血」発言

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【エルサレム=工藤彩香】ロシアのプーチン大統領は5日、セルゲイ・ラブロフ露外相がナチス・ドイツの独裁者ヒトラーをユダヤ系だとした発言について、イスラエルのナフタリ・ベネット首相に謝罪した。イスラエル首相府が発表した。

ロシア戦死者、少数民族地域が突出…「激戦地への投入」差別的と反発の動き
プーチン露大統領(ロイター)
プーチン露大統領(ロイター)

 発表によると、5日に両首脳の電話会談が行われ、その中でプーチン氏が謝罪した。ベネット氏はこれを受け入れた上で、プーチン氏がユダヤ人とホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)への配慮を示したとして感謝を述べた。ラブロフ発言を撤回したかどうかは不明だ。露大統領府は会談後の声明で、プーチン氏の謝罪には言及しなかった。

 当初、イスラエルが謝罪を要求したのに対し、ロシア側は拒否する構えだったが、5日になって対応を一変させた。ウクライナ侵攻を巡り、これまで中立的な立場を取ってきたイスラエルが、ラブロフ発言を機に反露姿勢を強めることを懸念したとみられる。

 この日の電話会談では、ウクライナ南東部のアゾフスタリ製鉄所に残された民間人の退避で、ベネット氏が人道的な配慮を求め、プーチン氏も了承した。

 ラブロフ氏は1日にイタリア・テレビ局のインタビューで、「ヒトラーにはユダヤ人の血が入っている」と述べ、ユダヤ人が国民の8割を占めるイスラエルのベネット首相は「虚言だ」と強く反発していた。

ウクライナ侵略、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2977889 0 国際 2022/05/06 19:45:00 2022/05/07 00:01:42 2022/05/07 00:01:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220506-OYT1I50091-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)