「怪しい」だけで民間人処刑・ロシアへ連行…国連、人権侵害180件確認

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューヨーク=寺口亮一】国連のミチェル・バチェレ人権高等弁務官は5日、ロシア軍によるウクライナの自治体幹部やジャーナリストらに対する人権侵害が、少なくとも180件確認されたと明らかにした。 恣意しい 的な拘束や拉致などが目立ち、うち5件で被害者は死亡して見つかった。

世界の飢餓人口、ウクライナ侵攻で「4千万人増加」…米国務長官が黒海封鎖のロシア批判
ウクライナの首都キーウ近郊ブチャを視察するICCのカリム・カーン主任検察官(4月13日、手前右から2人目)=ロイター
ウクライナの首都キーウ近郊ブチャを視察するICCのカリム・カーン主任検察官(4月13日、手前右から2人目)=ロイター

 オンライン参加した国連安全保障理事会の会合で報告された。首都キーウ(キエフ)周辺では民間人の男性が「怪しい」という理由だけで拘束や拷問をされ、公正な裁判を受けることなく処刑されたという。ロシアやベラルーシへ連行されたケースもあった。露軍の兵士が性的暴行に関与したとの情報もあるという。

 バチェレ氏は「調査対象の人権侵害の多くは戦争犯罪に該当する可能性がある」と指摘した。今月15日までの調査結果をまとめ、6月の国連人権理事会に報告する。国際刑事裁判所(ICC)とも協力する方針だ。ロシアのワシリー・ネベンジャ国連大使は、安全保障理事会で「一方的な評価」と反論し、露軍の関与を否定した。

ウクライナ侵攻、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2977852 0 国際 2022/05/06 19:29:00 2022/05/07 07:12:12 2022/05/07 07:12:12 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220506-OYT1I50099-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)