ロシアの核「使用リスクが高い」「一気に不測の事態も」…ICAN事務局長

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ジュネーブ=森井雄一】核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)のベアトリス・フィン事務局長が6日、読売新聞のインタビューに応じ、ロシアのウクライナ侵攻を巡る核兵器の使用について「(第2次世界大戦後)最も危険な状態にある」と懸念を示した。

北欧2国、対トルコ制裁解除に「前向き」姿勢…NATO加盟巡り直接協議
ICANのフィン事務局長
ICANのフィン事務局長

 プーチン露大統領が核戦力を念頭に置いた発言を繰り返している状況について、偽情報やサイバー攻撃などをきっかけとして一気に不測の事態に発展する可能性があると指摘。「核兵器が使用されるリスクが高まっている。非常に深刻だ」と述べた。

 露軍の苦戦を受けてプーチン大統領が戦術核を使う可能性については、「ロシアの戦術核は小さなものでも、広島に投下された原爆と同程度だ。人口密集地で使用されると壊滅的だ」と警鐘を鳴らした。

 核使用をちらつかせて脅迫しているロシアに対し、フィン氏は「国際社会における立場を自ら破壊した。もはや核兵器を保持したままのロシアを信用することはできない」と批判した。その上で、「ロシアは核軍縮なしで国際社会に復帰すべきではない」と述べ、欧米や日本が科す経済制裁を解除する際にも、核軍縮を条件にすべきだとの考えも示した。

 一方でフィン氏は、6月にオーストリアのウィーンで開催される核兵器禁止条約の第1回締約国会議について、「多くの国が(ロシアを)非難するまたとない機会になる」と述べた。

 核兵器禁止条約は、核兵器の使用や開発などを初めて法的に禁止した条約で、2021年に発効した。米英仏中露の5か国のほか、北朝鮮なども参加していない。日本政府も「同盟国・米国の核抑止力の正当性を損ない、国民を危険にさらすことになりかねない」として不参加の立場を取っている。

  ◆核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)= 核廃絶を訴える市民団体の連合体で、2007年に設立。スイス・ジュネーブに本部を置き日本を含む100か国以上から600超の団体が参加する。17年にノーベル平和賞を受賞した。

ウクライナ侵攻、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2981051 0 国際 2022/05/08 05:00:00 2022/05/08 12:03:42 2022/05/08 12:03:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220508-OYT1I50008-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)