マリウポリ製鉄所が陥落か、ウクライナ兵260人超が退避…ロシアに捕虜交換求める

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【キーウ(キエフ)=笹子美奈子、ワシントン=田島大志】ウクライナ軍とロシア国防省は17日、南東部マリウポリのアゾフスタリ製鉄所に籠城していたウクライナ兵260人超が退避したとそれぞれ発表した。ウクライナ軍は同日、製鉄所の戦闘任務終了を宣言し、所内の各部隊幹部に対し、兵士らの救助を命令した。降伏を促す内容で、製鉄所は事実上、陥落したと言える。

ゼレンスキー氏「ロシアはテロ国家」…商業施設へのミサイル攻撃受け安保理で演説
ロシア軍のミサイル攻撃により、煙が上がるウクライナ南東部マリウポリのアゾフスタリ製鉄所(5月2日撮影)=ロイター
ロシア軍のミサイル攻撃により、煙が上がるウクライナ南東部マリウポリのアゾフスタリ製鉄所(5月2日撮影)=ロイター

 ロイター通信は、17日午後、ウクライナの兵士を乗せたとみられるバスが少なくとも7台、製鉄所を出発したと報じた。ウクライナの国防次官によると、退避が始まった16日夜には重傷者53人が親露派武装集団が実効支配するドネツク州内の病院に収容され、ほかの211人は州内の別の場所に運ばれたという。露国防省は17日、265人が「投降した」と発表した。

 ウクライナ軍参謀本部は17日、「マリウポリの守備隊が戦闘任務を遂行した」と表明した。ロイター通信によると、製鉄所内には兵士約600人がいたとされる。参謀本部は残る兵士らの救出を続ける方針で、拘束したロシア軍捕虜と交換する予定だとしている。

 ウクライナの兵士らは当初、身の安全を確実にするため、第三国への移送を求めていた。ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は16日深夜のビデオ演説で、「ウクライナの英雄を生還させたかった」と強調した。

残り:422文字/全文:1142文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
ウクライナ侵略、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
3008028 0 国際 2022/05/17 22:06:00 2022/05/18 01:06:43 2022/05/18 01:06:43 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220517-OYT1I50145-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)