投降のウクライナ兵を尋問へ、捕虜交換の実現は不透明

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

17日、アゾフスタリ製鉄所から退避し、ドネツク州の親露派支配地域に到着したウクライナの兵士=AP
17日、アゾフスタリ製鉄所から退避し、ドネツク州の親露派支配地域に到着したウクライナの兵士=AP

 【キーウ(キエフ)=笹子美奈子、ワシントン=蒔田一彦】タス通信などによると、ロシアの連邦捜査委員会は17日、ウクライナ南東部マリウポリのアゾフスタリ製鉄所から投降したとするウクライナ兵を尋問すると明らかにした。ウクライナ政府は、製鉄所から兵士の退避を続けさせ、親露派武装集団の支配地域へ移送された兵士は捕虜交換を求める考えだが、実現は不透明な情勢だ。

完全制圧のヘルソン州、親露派「州政府」発足…飛び地カリーニングラード幹部がトップ就任

 露国防省は18日、製鉄所からの退避が始まった16日以降、負傷者約80人を含む約960人が「投降」したと説明した。ロイター通信によると、兵士を乗せたバス7台が17日、親露派武装集団の支配地域に到着。露国営テレビによると、18日も移送作業が続いた。

 一方、同委員会は17日、ウクライナの武装組織「アゾフ大隊」など製鉄所に籠城を続けてきた兵士について、「民間人に対する犯罪」への関与を調べると表明した。また露下院は今後、「ナチスの犯罪者」と認定された兵士と自国兵士との捕虜交換を禁止する法案を審議する。プーチン政権が「ネオナチ」と呼ぶアゾフ大隊などが対象になるとみられる。露最高裁も26日、同隊の「テロ組織」認定について審議する予定だ。

 米国防総省のジョン・カービー報道官は17日、ウクライナ兵が製鉄所で抗戦を続けてきたことについて「称賛に値する」と述べた。

 ウクライナ警察当局は、東部ドネツク、ルハンスク両州で17日、露軍の砲撃が計60回以上確認されたと明らかにした。

ウクライナ侵略、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
3011178 0 国際 2022/05/18 23:48:00 2022/05/19 01:49:44 2022/05/19 01:49:44 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220518-OYT1I50168-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)