ロシア、マリウポリの製鉄所「完全制圧」…アゾフ大隊幹部を特殊装甲車で連れ出す

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ロシア国防省は20日夜、ウクライナ南東部マリウポリのアゾフスタリ製鉄所を完全制圧したと発表した。セルゲイ・ショイグ国防相がプーチン大統領に対し、「製鉄所とマリウポリをウクライナの兵士から完全に『解放』した」と報告し、製鉄所の制圧作戦の終了も伝えたという。

ブルガリア外務省、ロシア外交官70人を追放へ…天然ガス供給停止で関係悪化
ロシア軍のミサイル攻撃により煙が上がるマリウポリのアゾフスタリ製鉄所(2日)=ロイター
ロシア軍のミサイル攻撃により煙が上がるマリウポリのアゾフスタリ製鉄所(2日)=ロイター

 また、露国防省は発表で、製鉄所から「投降」したウクライナの兵士は2439人になったと指摘。敷地内で籠城を続けてきたウクライナの内務省系の武装組織「アゾフ大隊」の幹部を特殊装甲車で連れ出したと説明した。

 ウクライナ国営通信によると、これに先立ち、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は20日、製鉄所からのウクライナ兵の退避が近く完了するとの見通しを示していた。

ウクライナ侵略、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
3017651 0 国際 2022/05/21 04:12:00 2022/05/21 12:14:52 2022/05/21 12:14:52 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220521-OYT1I50027-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)