米韓首脳会談、対北朝鮮で「核の傘」含めた抑止力強化を確認

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ソウル=溝田拓士】米国のバイデン大統領は21日、韓国の 尹錫悦ユンソンニョル 大統領とソウルの大統領府で初めての首脳会談を行った。北朝鮮による挑発が強まる中、バイデン氏は韓国に対し、「核の傘」を含めて同盟国を防衛する「拡大抑止」の責任を果たすことを確認し、米韓合同軍事演習の拡大に向けた協議を始める方針などを共同声明に盛り込んだ。日米韓の連携の必要性も強調した。

21日、ソウルで、首脳会談に臨むバイデン米大統領(手前右)と韓国の尹大統領(手前左)=ロイター
21日、ソウルで、首脳会談に臨むバイデン米大統領(手前右)と韓国の尹大統領(手前左)=ロイター

 就任後初のアジア訪問でバイデン氏は、22日午後に韓国を離れ、来日する。

 両氏の会談は少人数形式と拡大会議など100分間以上に及んだ。会談後の共同記者会見でバイデン氏は、「抑止力をさらに強化し、北朝鮮がもたらす脅威に対処する」と強調した。尹氏は「安保は決して妥協できない」と述べ、「強力な対北朝鮮抑止力が何よりも重要だ」と語った。

 共同声明では、最優先課題である北朝鮮の核開発への対応策を高官級で定期的に議論する「拡大抑止戦略協議」を早期に再開することで合意した。核戦力を含めた米軍の戦略兵器の展開方針や、北朝鮮のサイバー脅威に対応するための協力の拡大も確認した。

 一方で、北朝鮮で感染が拡大する新型コロナウイルス関連の支援の意向も表明した。

1

2

スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
3019780 0 国際 2022/05/22 00:25:00 2022/05/22 21:26:12 2022/05/22 21:26:12 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220521-OYT1I50121-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)