豪モリソン首相が敗北宣言、対中強硬姿勢は奏功せず…労働党党首「クアッドに出席する」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【シドニー=津田知子、川上大介】オーストラリアで21日、総選挙の投開票が行われ、地元メディアは、最大野党・労働党が、スコット・モリソン首相(54)率いる与党連合(自由党、国民党)を破り、約9年ぶりの政権交代が確実になったと報じた。労働党のアンソニー・アルバニージ党首(59)が首相に就任する見通しだ。

21日、最大都市シドニーで、開票結果を受けて敗北を認めるモリソン首相(中央)=津田知子撮影
21日、最大都市シドニーで、開票結果を受けて敗北を認めるモリソン首相(中央)=津田知子撮影

 アルバニージ氏は21日夜、シドニーでの集会で「人々は変化のために投票してくれた。明日から良い未来を作るために取り組む」と勝利宣言した。24日に東京で開催される日米インドとの協力枠組み「Quad(クアッド)」首脳会談についても「出席する」と述べた。

21日、最大都市シドニーで、支持者の前で勝利を喜ぶ労働党のアルバニージ氏(中央)=川上大介撮影
21日、最大都市シドニーで、支持者の前で勝利を喜ぶ労働党のアルバニージ氏(中央)=川上大介撮影

 豪公共放送ABCによると、21日午後11時半現在、下院(定数151)の開票率は約56%で、労働党が72議席、与党連合が54議席を獲得する見込み。労働党は無所属議員らの協力を得て、政権獲得となる過半数の76議席を確保できるとみられる。

 労働党は、ロシアのウクライナ侵攻の影響などによる物価上昇を巡り、最低賃金の引き上げを主張し、緊急医療や高齢者介護の充実を訴えた。一方、外交や安全保障ではモリソン政権の政策を継続する構えを示し、クアッドや、米英との「AUKUS(オーカス)」も維持する考えだ。選挙戦では、モリソン政権の対中強硬姿勢には同調しており、実際にどのような対中政策を取るか注目される。

 与党連合は、新型コロナウイルスからの経済の回復や、対中強硬姿勢などをアピールしたが、終始劣勢を挽回できなかった。

スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
3019749 0 国際 2022/05/22 00:01:00 2022/05/22 11:45:53 2022/05/22 11:45:53 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220521-OYT1I50130-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)