侵攻3か月、足りないのは「仕事」…徐々に人戻るキーウ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【キーウ(キエフ)=笹子美奈子】ロシア軍がウクライナに侵攻してから24日で3か月となる。首都キーウ(キエフ)には避難した人々が徐々に戻っているが、停戦の見通しは立たず、生活や今後への不安が人々の心を覆う。

G7、ロシア制裁に加わらぬ招待5か国に秋波送るが…印「割安な露産原油を輸入するしかない」
21日、ウクライナの首都キーウ近郊で、破壊されて残されたロシア軍の戦闘車両=関口寛人撮影
21日、ウクライナの首都キーウ近郊で、破壊されて残されたロシア軍の戦闘車両=関口寛人撮影

 キーウのショッピングモールに人影はほとんどなく、ショーウィンドーは板で覆われていた。営業しているのは地下のスーパーだけだ。食用油や砂糖は品薄で、牛乳は33フリブニャ(約141円)と侵攻前の2月より2割あまり値上がりしていた。買い物かごを商品でいっぱいにした客はいない。

 会計士アンドリー・ウレフさん(31)が買い求めたのは5リットルの飲料水と一袋分の食料、スリッパだ。何が足りないか尋ねると、ウレフさんは「仕事」と答えた。

 欧米ブランドが多く入るこのショッピングモールでは、露軍が侵攻する直前の2月中旬、カフェでシャンパンを片手に肩を寄せ合う男女や、おもちゃを欲しがる子供となだめる母親など、日常の光景が広がっていた。

 キーウの西約15キロ・メートルの幹線道路沿いには、大破した露軍の戦闘車両などが放置されたままだ。住民らは忌まわしい侵攻の跡をスマートフォンで記録していた。

残り:2267文字/全文:2902文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
ウクライナ侵略、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
3021789 0 国際 2022/05/23 05:00:00 2022/05/23 07:27:48 2022/05/23 07:27:48 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220522-OYT1I50144-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)