バイデン氏、台湾有事の軍事介入問われ「イエス」…歴代政権から大きく踏み込む

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

動画はこちら

 米国のバイデン大統領は23日、日米首脳会談後の共同記者会見で、中国が台湾に侵攻した場合、米国として軍事介入する考えを明らかにした。

共同記者会見に臨むバイデン米大統領(左)と岸田首相(23日午後、東京都港区の迎賓館で)=代表撮影
共同記者会見に臨むバイデン米大統領(左)と岸田首相(23日午後、東京都港区の迎賓館で)=代表撮影

 会見で記者から「台湾を守るため軍事的に関与する意思があるか」と問われたのに対し、「イエス。それが我々の責任だ」と答えた。さらに、「武力で制圧できるという考え方は不適切で、地域全体を混乱させるものだ」とも強調した。

 米国の歴代政権は、有事の際の対応を明確にしない「戦略的曖昧さ」と呼ばれる政策を取ってきた。そこから大きく踏み込んだ発言で、波紋を呼ぶのは必至だ。

 ホワイトハウス当局者は、「我々の政策に変更はない。大統領は、台湾海峡の平和と安定に関する我々の責任を強調した」と説明した。

スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
3023928 0 国際 2022/05/23 17:45:00 2022/05/23 20:33:52 2022/05/23 20:33:52 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220523-OYT1I50108-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)