英外相、ウクライナの隣国モルドバに「NATO水準の武器」供与検討…ロシア侵攻に備え

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ロンドン=池田慶太】英国のエリザベス・トラス外相は、21日付の英紙デイリー・テレグラフのインタビューで、ウクライナの隣国モルドバに「北大西洋条約機構(NATO)水準の武器」の供与を検討していると明らかにした。

ウクライナの伝統料理「ボルシチ」無形文化遺産に登録…ユネスコ、侵略受け審査早める
英国のエリザベス・トラス外相=ロイター
英国のエリザベス・トラス外相=ロイター

 トラス氏は、プーチン露大統領はウクライナの首都キーウ(キエフ)攻略に失敗した後も領土拡張の野心を放棄しておらず、モルドバにとって「安全保障上の脅威だ」との認識を示した。将来の侵攻に備え、モルドバの防衛強化策を同盟国と議論しているという。

 旧ソ連構成国のモルドバは国内に親露派支配地域を抱え、ロシアが次に侵攻の標的にするのではないかと懸念されている。NATOには非加盟で、軍の兵力は約5000人にとどまる。

ウクライナ侵略、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
3024018 0 国際 2022/05/23 18:23:00 2022/05/23 20:10:32 2022/05/23 20:10:32 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220523-OYT1I50112-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)