初の「戦争犯罪」裁判、ロシア兵に終身刑…自転車に乗った民間人の頭部撃つ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【キーウ(キエフ)=笹子美奈子】ロシアによるウクライナ侵攻で、初めて戦争犯罪に問われた露軍の軍曹ワジム・シシマリン被告(21)の判決公判が23日、キーウの裁判所で開かれた。ウクライナ国営通信によると、裁判所は求刑通り終身刑を言い渡した。

ウクライナ危機、識者の分析

 被告は、侵攻開始直後の2月28日、東部スムイ州の村で、自転車に乗っていた62歳の住民男性の頭部を撃ち、殺害したとして起訴された。被告は、起訴事実を認めていた。

ウクライナの首都キーウの裁判所に出廷したワジム・シシマリン被告(23日)=ロイター
ウクライナの首都キーウの裁判所に出廷したワジム・シシマリン被告(23日)=ロイター

 殺害された男性の妻は公判で、被告をウクライナの兵士と捕虜交換することに同意しており、対象となる可能性もある。インターファクス通信によると、露大統領報道官は23日、判決に先立ち、「(被告の)利益を守る手段はないが、手を打とうとしないわけではない」と述べるにとどめた。

 ウクライナ検察当局は22日、露軍が占拠していた北部チェルニヒウ州で3月、学校の地下室に民間人約350人を1か月閉じ込め、「人間の盾」にしていた事例を捜査していると明らかにした。今後、戦争犯罪の実態が徐々に解明される見通しだ。

ウクライナ侵略、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
3024706 0 国際 2022/05/23 21:58:00 2022/05/23 23:51:22 2022/05/23 23:51:22 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220523-OYT1I50131-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)