デンマークが対艦ミサイル供与…20か国が新たなウクライナ軍事支援を表明

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=横堀裕也】ウクライナへの軍事支援を協議する国際会合が23日、オンライン形式で開かれ、米国防総省によると、約20か国が新たな軍事支援策を表明した。米国のオースティン国防長官は記者会見で、デンマークが対艦ミサイル「ハープーン」の供与を表明したと明らかにした。

ルハンスク州知事「4か月以上持ちこたえたが」、ロシア軍の制圧下入り認める
ワシントンで、オンライン形式で行われたウクライナ支援会合に出席するオースティン米国防長官(右中央)ら(23日)=AP
ワシントンで、オンライン形式で行われたウクライナ支援会合に出席するオースティン米国防長官(右中央)ら(23日)=AP

 2回目となる今回の会合には47か国が参加した。各国はブリュッセルで行われる北大西洋条約機構(NATO)国防相会合に合わせ、6月15日に対面で3回目の会合を開く予定で、対ウクライナ支援を継続していく方針を確認した。

 オースティン氏は記者会見で、チェコが最近、攻撃用ヘリや戦車を供与したことなどに触れ、「ウクライナへの軍事支援はめざましいペースで進んでいる」と各国の貢献を評価した。支援のペースを落とさないためにも次回の会合を設定したといい、「自国民を守るウクライナ軍を我々は支え続ける」と強調した。

 1回目の会合は4月26日、ドイツ南西部のラムシュタイン米空軍基地で開かれ、岸防衛相もオンラインで参加した。今回はオーストリアやコロンビアなど4か国が初めて参加したという。

ウクライナ侵略、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
3025650 0 国際 2022/05/24 10:18:00 2022/05/24 10:18:00 2022/05/24 10:18:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220524-OYT1I50035-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)