北方領「ロシア名に変更を」…露宇宙機関社長「歯舞なら英雄の船乗りの名に」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ロシア宇宙機関「ロスコスモス」のドミトリー・ロゴジン社長は23日、ラジオ番組で択捉、国後、色丹、歯舞の北方領土の名称について、地元住民が新たに決める必要があるとの考えを示した。ロシアでも4島は日本と同じ名称で呼ばれている。ウクライナ侵攻を受け、米欧とともに対露制裁を行う日本への反発の強まりが発言の背景にあるとみられる。

ロシアの民間軍事会社、刑務所で「志願兵」勧誘か…ウクライナ東部の完全掌握へ露軍攻勢

 ロゴジン氏は、4島には「ロシア名」が付けられておらず、「島がロシアに属することを疑う人もいる」と述べた。そのうえで「歯舞群島ならロシアの英雄の船乗りの名前をつけることもあり得る」などと主張した。

 露大統領報道官は24日、「地元住民が発案すれば歓迎される」と述べた。

 ロゴジン氏は対外政策について強硬な発言をすることで知られている。

ウクライナ侵略、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
3028177 0 国際 2022/05/25 05:00:00 2022/05/25 08:22:30 2022/05/25 08:22:30

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)