中露爆撃機計6機、日本周辺を合同飛行…岸防衛相「看過できない」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【北京=大木聖馬】中国国防省は24日、中国軍とロシア軍が日本海、東シナ海、西太平洋の海域の上空で同日、「合同の戦略飛行」を行ったと発表した。日米豪印4か国の枠組み「Quad」(クアッド)首脳会談当日に、中露の安全保障面での結束を誇示する狙いがあるとみられる。同省は今回の飛行を「年間計画に基づくものだ」と主張している。

 岸防衛相は24日、防衛省が日本周辺での飛行を確認したとし、記者団に「中国が侵略国のロシアとこのような行動に出ることは看過できない」と非難。中露両国に外交ルートで重大な懸念を伝えたことを明らかにした。

 日本の防衛省によると、同日午前から午後にかけて、中国の爆撃機「轟(H)6」2機とロシアの爆撃機「TU95」2機が日本海から東シナ海まで共同飛行した。その後、中国の2機は別の爆撃機2機と入れ替わり、ロシア機2機と沖縄県の沖縄本島と宮古島の間を通過し、太平洋まで共同飛行するなどした。ロシアの情報収集機1機が北海道沖から、能登半島沖まで飛行するのも確認された。

 中露両空軍は昨年11月にも日本海などで戦略爆撃機の合同飛行を行っている。

スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
3028345 0 国際 2022/05/25 05:00:00 2022/05/25 08:18:42 2022/05/25 08:18:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220525-OYT1I50026-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)