北欧2国、対トルコ制裁解除に「前向き」姿勢…NATO加盟巡り直接協議

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【カイロ=酒井圭吾】スウェーデンとフィンランドの北大西洋条約機構(NATO)への新規加盟問題を巡り、トルコ大統領府のイブラヒム・カルン報道官は25日、北欧2国が直接協議で、対トルコ制裁の解除に前向きな姿勢を示したことを明らかにした。クルド人勢力らの引き渡しなどについては合意は得られず、双方は協議を継続することで一致した。

ウクライナ南部に親露派が「州政府」設置…トップはロシア行政担当者、直接支配進む
トルコのイブラヒム・カルン報道官(ロイター)
トルコのイブラヒム・カルン報道官(ロイター)

 北欧2国の政府高官が25日、トルコの首都アンカラを訪問していた。協議に参加したカルン氏は終了後の記者会見で、トルコ軍によるシリア北部への侵攻を受けて、北欧2国が2019年に発動した武器禁輸措置について「(解除に向けて)肯定的な態度が見られた。喜ばしいことだ」と歓迎した。

 一方で、トルコ側は協議で「安全保障上の懸念が解決されることなく、加盟交渉が進むことはない」と強調した。トルコ側の全ての要求を文書で示し、「具体的な措置をとってほしい」と迫ったという。北欧2国は、6月下旬のNATO首脳会議までにトルコを説得したい考えで、次回協議までに対応を改めて検討する。

 トルコは、北欧2国がクルド人勢力に資金援助しているとも批判している。スウェーデンのマグダレナ・アンデション首相は25日、記者会見で「テロ組織への援助はない」と主張した。

ウクライナ侵略、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
3033028 0 国際 2022/05/26 20:23:00 2022/05/26 20:59:32 2022/05/26 20:59:32 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220526-OYT1I50149-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)