[深層NEWS]マッチョな姿示さないプーチン氏「何かが起きたこと間違いない」…慶大・廣瀬陽子教授

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 笹川平和財団の畔蒜(あびる)泰助主任研究員と慶応大の廣瀬陽子教授が26日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、ウクライナ情勢について議論した。

「サハリン1」にも影響か、プーチン政権が外国法人締め出しの法整備
ロシアのプーチン大統領=AP
ロシアのプーチン大統領=AP

 畔蒜氏は、ロシアの退役大佐が露国営テレビで侵攻を批判したことについて、「ロシア側が、伝えてきた情報と現実との乖離(かいり)を埋めるピースとして、あえて厳しい戦況を伝える役割を担わせた可能性がある」と分析。廣瀬氏は、プーチン露大統領の健康状態について「数年前のようにマッチョな姿を示さなくなった。何かが起きていることは間違いない」と語った。

慶応大の廣瀬陽子教授
慶応大の廣瀬陽子教授
ウクライナ侵略、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
3033534 0 国際 2022/05/27 00:04:00 2022/05/27 07:06:24 2022/05/27 07:06:24 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220527-OYT1I50000-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)