スペイン帰りの男性が感染、アルゼンチンでも「サル痘」…中南米では初の事例か

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【リオデジャネイロ=淵上隆悠】アルゼンチン保健省は27日、天然痘に似た感染症の「サル痘」を国内で確認したと発表した。欧米などで相次いで確認されるようになって以降、中南米では初の事例とみられる。

 発表や報道によると、感染が確認されたのは首都圏に住む40歳前後の男性。16日に感染者が多数確認されているスペインから帰国していた。現在は隔離され、経過は良好だという。

スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
3037501 0 国際 2022/05/28 11:04:00 2022/05/28 11:04:00 2022/05/28 11:04:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)