乱射事件で警官ら、突入せず45分待機…NRA総会出席のトランプ氏「全ての学校に武装警官を」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=横堀裕也、ニューヨーク=村山誠】小学校で児童19人を含む21人が死亡する銃乱射事件が24日に起きた米テキサス州で27日、銃所有の権利を訴える全米ライフル協会(NRA)の年次総会が開かれた。トランプ前大統領ら共和党の政治家らも出席し、銃規制に反対する姿勢を強く打ち出した。銃規制の強化を求める民主党側との分断がますます鮮明となっている。

米テキサス州ヒューストンで、演説するトランプ前大統領(27日)=AP
米テキサス州ヒューストンで、演説するトランプ前大統領(27日)=AP

 トランプ氏は総会で演説し、「バイデン(大統領)は銃のロビー団体のせいにしたが、(民主党の)左派が推し進める銃規制では、この惨劇は防げなかった」と主張。「今後は全ての学校に警官や武装した警備担当を置くべきだ」と持論を展開し、「ウクライナに400億ドル(約5兆円)を支援できるなら、子供たちを守るべきだ」とも述べた。

 これに対し、会場の外では、銃のロビー団体による乱射事件直後の総会開催に反発する市民らが抗議活動を行い、「恥を知れ」などと声を張り上げた。「銃よりも子供たちを愛せ」といったプラカードを掲げ、大勢が銃規制の強化を訴えた。

 一方、テキサス州の治安当局は27日の記者会見で、事件当時、現場の小学校に駆け付けた警官ら約20人が、容疑者が立てこもる教室に速やかに突入せず、廊下で約45分待機していたと明らかにした。その間、教室内の子供たちから警察に緊急通報が何度もあったという。治安当局幹部は「判断が間違っていた」と認めたが、事件への対応を巡り、警察への批判も高まっている。

スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
3038218 0 国際 2022/05/28 17:11:00 2022/05/28 21:49:22 2022/05/28 21:49:22 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220528-OYT1I50097-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)