爆弾で負傷した少女、ロシアへ強制連行の危機に「いつ来てくれるの」…祖父が1か月後に救出

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ウクライナは、ロシア側が子供だけでも23万人に上る住民の強制連行を進めていると主張している。南東部マリウポリに住んでいたキラ・オベディンスカさん(12)は、その一人となるところを、祖父に間一髪で救出された。

サハリン2「ロシア企業に無償譲渡」の大統領令…三井物産・三菱商事が出資
ケガをしてウクライナ東部ドネツクの病院に入院していた当時のキラ・オベディンスカさん(本人提供)
ケガをしてウクライナ東部ドネツクの病院に入院していた当時のキラ・オベディンスカさん(本人提供)

 生後間もなく母を病気で亡くしていたキラさん。父は3月17日頃、露軍の砲撃に巻き込まれて死亡した。キラさんは父の交際相手の女性とともにマリウポリから脱出を試みたが、爆弾の爆発で負傷し、親ロシア派武装集団の支配下にある東部ドネツクの病院に移送された。

 「看護師は冷たい態度でひどい病院だった」(キラさん)という待遇に加え、そのまま露国内の児童養護施設に送られる恐れがあった。祖父オレクサンドルさん(67)が、女性からドネツクにいる孫娘の危機を知らされたのは、3月28日だった。(ウクライナ西部チェルニウツィ 上地洋実)

1

2

3

ウクライナ侵略、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
3039446 0 国際 2022/05/29 05:00:00 2022/05/29 18:17:54 2022/05/29 18:17:54 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220528-OYT1I50142-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)