ウクライナ軍、南部奪還へ反撃強化…へルソン州でロシア軍後退し併合手続き延期

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

29日、ウクライナ東部ドネツク州で、爆撃により破壊された工場=ロイター
29日、ウクライナ東部ドネツク州で、爆撃により破壊された工場=ロイター

 【キーウ(キエフ)=渡辺晋】ウクライナ内務相顧問は30日、ウクライナ軍が南部ヘルソン州とザポリージャ州のロシア軍制圧地域への反撃を強化し、一部で露軍を後退させていると明らかにした。ウクライナ国営通信が伝えた。ロシア側の実効支配の動きをけん制するほか、東部ルハンスク州制圧に戦力を集中させている露軍を揺さぶる意図があるとみられる。

南部でロシア軍への反撃に成果、ウクライナが補給橋を破壊…ゼレンスキー氏「良いニュースだ」

 ウクライナ軍の反撃強化は先週後半から始まった。顧問は、ヘルソン州とザポリージャ州でウクライナ軍が「8~10キロ・メートル前進した」と説明した。

 ヘルソン州は露軍が全域制圧を宣言している。露軍が約60%を掌握するザポリージャ州でも、ロシアの通貨ルーブルの導入を発表するなど、「ロシア化」を急いでいる。

 ウクライナ側の攻勢を受け、ヘルソン州の親露派「軍民政権」幹部は28日、ロイター通信に、年内に完了させる計画だったロシアへの併合手続きを、来年に延期する方針を明らかにした。

 タス通信などによると、露軍が占拠しているザポリージャ州メリトポリ中心部で30日、爆発があった。メリトポリでは露軍に対する抵抗運動が活発化している。

 一方、ルハンスク州の知事は30日、SNSを通じ、要衝セベロドネツク中心部で露軍とウクライナ軍の激しい戦闘が起きていることを明らかにした。セルゲイ・ラブロフ露外相は29日に放映されたフランスの民放テレビのインタビューで、東部ドンバス地方(ルハンスク、ドネツク両州)の制圧を「絶対的な優先事項」に位置付けている。

ウクライナ侵略、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
3043500 0 国際 2022/05/31 05:00:00 2022/05/31 11:53:32 2022/05/31 11:53:32 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220531-OYT1I50015-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)