ロシア前大統領「彼らを消滅させるため何でもする」とSNS投稿…「彼らが憎いから」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ロシアの安全保障会議副議長を務めるメドベージェフ前大統領は7日、自身のSNSに「私が生きている限り、彼らを消滅させるために何でもする」と書き込んだ。具体的な対象は明示しなかったが、露有力紙コメルサントは露軍が侵攻を続けるウクライナや、米欧の可能性があるとの見方を示した。プーチン政権の要人の過激な言動にロシアへの非難が強まりそうだ。

ウクライナ南部に外国貨物船入港、侵略後初…穀物輸送第1陣はレバノン到着遅れる
メドベージェフ前露大統領=AP
メドベージェフ前露大統領=AP

 メドベージェフ氏は、通信アプリ「テレグラム」に、度々過激な内容を投稿しており、理由について、「答えは彼らが憎いからだ」と率直に認めた。「彼らはロシアに死をもたらしたいのだ」ともつづった。

 プーチン大統領の最側近の一人と位置付けられるメドベージェフ氏は、2008年から12年までプーチン氏の後任として大統領を務めた。プーチン氏が大統領に復帰した12年以降、20年1月まで首相を務めた。

ウクライナ侵略、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
3064503 0 国際 2022/06/07 21:02:00 2022/06/08 07:57:42 2022/06/08 07:57:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220607-OYT1I50169-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)