ロシア、北方領土周辺での漁業協定の停止発表…「日本側が支払い義務を不履行」主張

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

根室半島(左下)上空からのぞむ北方領土(読売機から)
根室半島(左下)上空からのぞむ北方領土(読売機から)

 ロシア外務省は7日、北方領土4島の周辺水域での日本漁船の操業について定めている日露間の協定を停止すると発表した。ロシアのウクライナ侵攻を巡る日本の対露制裁強化に反発したものとみられる。

南部でロシア軍への反撃に成果、ウクライナが補給橋を破壊…ゼレンスキー氏「良いニュースだ」

 協定は1998年に発効し、日露両政府は例年、この協定に基づき、北方4島の周辺水域でのタラやホッケといった日本の漁獲量などを定めている。露外務省は、7日に出した声明で、日本側が協定を巡り、支払いに関する義務を履行していないと主張した。

ウクライナ侵略、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
3065112 0 国際 2022/06/07 23:36:00 2022/06/08 07:25:22 2022/06/08 07:25:22 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220607-OYT1I50204-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)