マクロン氏ら仏独伊首脳、特別列車でキーウ訪問…ウクライナの不信取り除く狙いか

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【パリ=梁田真樹子】フランスのマクロン大統領、ドイツのショルツ首相、イタリアのドラギ首相は16日、ウクライナの首都キーウ(キエフ)を訪問した。ウォロディミル・ゼレンスキー大統領と会談し、軍事支援強化を表明する。

クリミアの飛行場爆発、ロシアは「軍用機9機失った」…ゼレンスキー大統領演説
キーウでの記者会見で握手を交わすフランスのマクロン大統領(右)とウクライナのゼレンスキー大統領(16日)=AP
キーウでの記者会見で握手を交わすフランスのマクロン大統領(右)とウクライナのゼレンスキー大統領(16日)=AP
キーウで会談した(左から)ルーマニアのヨハニス大統領、イタリアのドラギ首相、ウクライナのゼレンスキー大統領、フランスのマクロン大統領、ドイツのショルツ首相(16日)=AP
キーウで会談した(左から)ルーマニアのヨハニス大統領、イタリアのドラギ首相、ウクライナのゼレンスキー大統領、フランスのマクロン大統領、ドイツのショルツ首相(16日)=AP

 ロシアの侵攻後、仏独伊の3首脳がウクライナを訪問するのは初めて。会談では、ウクライナが求める欧州連合(EU)加盟や、穀物輸出支援についても協議する見通しだ。

 特別列車で16日午前、キーウに到着したマクロン氏は記者団に、「EUで団結して支援するとウクライナに伝える。今後数週間は非常に困難な状況だ」と述べた。

ポーランドからキーウへ向かう特別列車内で談笑する(左から)イタリアのドラギ首相、フランスのマクロン大統領、ドイツのショルツ首相(16日)=AP
ポーランドからキーウへ向かう特別列車内で談笑する(左から)イタリアのドラギ首相、フランスのマクロン大統領、ドイツのショルツ首相(16日)=AP

 仏独伊は、早期の停戦を重視するスタンスだが、ウクライナとの間には溝もある。マクロン氏は今月上旬、「ロシアに恥をかかせてはならない」と発言してひんしゅくを買った。ドイツも重火器供与をためらってきた経緯などから、「ロシアとウクライナの間でバランスを取るべきではない」(ゼレンスキー氏)と批判されていた。

 3首脳そろっての訪問には、ウクライナの不信を取り除き、停戦交渉に関与する足がかりとする狙いがあるとみられる。

ウクライナ侵略、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
3088264 0 国際 2022/06/16 19:48:00 2022/06/17 00:38:55 2022/06/17 00:38:55 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220617-OYT1I50002-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)