中国空母、常時運用可能な3隻態勢へ…台湾侵攻能力が増強・11隻保有の米軍追い上げ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 中国国営新華社通信によると、中国軍が上海の造船所で建造している3隻目の空母の進水式が17日、行われた。短時間での艦載機発艦を可能とする電磁式カタパルトを初採用し、艦名は台湾対岸の省にちなんだ「福建」と命名された。就役すれば空母の常時運用が可能となる3隻態勢が整い、台湾侵攻能力が著しく増強される。(中国総局 大木聖馬、瀋陽支局 川瀬大介)

17日、空母「福建」進水式の様子を伝える中国のテレビ映像(AP)
17日、空母「福建」進水式の様子を伝える中国のテレビ映像(AP)

 福建は中国の国産空母としては2隻目で、満載排水量は約8万トン。中国軍で制服組トップの 許其亮シューチーリャン ・共産党中央軍事委員会副主席らが進水式に出席し、国歌斉唱や国旗掲揚などを行った後、福建は造船所内のふ頭に移動して停泊した。

 従来の空母「遼寧」と「山東」は、船首の勾配を利用して艦載機を発艦させる「スキージャンプ式」を採用していた。カタパルトはより重い機体を飛ばすことができ、艦載機がより多くのミサイルや燃料を搭載できるため、高火力の攻撃や遠距離攻撃が可能となる。

 電磁式カタパルトは、米軍の現役空母でも最新の原子力空母「ジェラルド・フォード」しか搭載していない。高度な技術を要し、費用も高額だ。大量の電力を必要とする電磁式の運用には、空母の動力は原子力が適しているとされるが、福建は通常動力とみられ、中国がより効率の良い高度な電磁式カタパルトの開発に成功した可能性もある。

 福建が就役して3隻態勢になれば〈1〉作戦〈2〉訓練〈3〉補修のローテーションで常時運用することが可能となる。

1

2

スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
3092490 0 国際 2022/06/18 05:00:00 2022/06/18 05:00:00 2022/06/18 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220618-OYT1I50018-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)