アフガン地震、タリバンが国際社会に救助要請…「人が土の中に埋まってる」「水や避難設備が不足」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【テヘラン=西田道成】アフガニスタン東部の山岳地帯で22日未明にマグニチュード5・9の地震が発生し、1050人以上が死亡したことを受け、アフガニスタンのイスラム主義勢力タリバン暫定政権は同日、国際社会に救助を要請した。

アフガニスタンで起きた地震で壊れた家のそばに座り込む少年ら(22日)=AP
アフガニスタンで起きた地震で壊れた家のそばに座り込む少年ら(22日)=AP

 被害が最も深刻とみられる東部パクティカ州では、倒壊した家屋の下敷きになった人々の捜索や救助が続いているが、豪雨による土砂崩れの影響で難航している模様だ。

 ロイター通信は「家で寝ていたら突然部屋が崩れ落ちてきた。地域の家屋は全て破壊された」とする地元住民の声を報じた。救助隊員は「多くの人が土の中に埋まっている」としている。

 英BBCによると、タリバン高官から同日、国連に連絡があり、国連のアントニオ・グテレス事務総長が国際社会に援助を求める声明を出した。国連人道問題調整事務所(OCHA)によると、タリバン政権が被災者の一部に食事とテントを配ったが、水や避難設備などが多数不足しているという。

スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
3106365 0 国際 2022/06/23 10:56:00 2022/06/23 11:48:32 2022/06/23 11:48:32 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220623-OYT1I50051-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)