習近平氏、感染者が増加傾向の香港の返還式典出席へ…宿泊はせず

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【香港=吉岡みゆき】香港紙・星島日報は27日、消息筋の話として、中国の 習近平シージンピン 国家主席が30日から香港入りし、7月1日の返還25年記念式典に出席すると報じた。習氏が香港入りすれば、新型コロナウイルス流行が拡大した2020年1月下旬以降では初めて、中国本土外を訪問することになる。記念式典の出席は、17年の返還20年記念式典以来だ。

大阪府で新たに1万7557人コロナ感染…1週間前から4990人減
習近平・中国国家主席
習近平・中国国家主席

 香港では、新型コロナウイルスの新規感染者が連日1000人以上確認され、増加傾向にある。習氏が「ゼロコロナ」政策をとる中国本土から訪問するのかが焦点になっている。同紙によると、習氏は30日、香港政府による歓迎の夕食会に参加する。香港には宿泊せず、隣接する広東省深センを拠点に行き来する。夕食会に参加予定の李家超・次期行政長官らは、当初の予定を早め、27日からホテルで隔離するという。

 習氏は香港訪問を通じ、民主派による反政府抗議運動を抑え込み、香港を安定させたとアピールする考えとみられる。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
3118756 0 国際 2022/06/27 20:31:00 2022/06/27 20:35:12 2022/06/27 20:35:12 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220627-OYT1I50108-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)