G7、露産石油に上限価格を検討…ゼレンスキー大統領はオンライン参加で軍事・財政支援要請

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【エルマウ(ドイツ南部)=池田慶太、山内竜介】ドイツ南部エルマウでの先進7か国首脳会議(G7サミット)は27日午前(日本時間27日午後)、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領がオンラインで参加し、ロシアによるウクライナ侵攻への対応を協議した。G7はウクライナへの軍事支援の継続と対露制裁強化などを盛り込んだ首脳声明を発表した。ロシア産石油の取引価格への上限設定を導入する新たな制裁の導入で最終調整している。

【随時更新】ロシア軍、ウクライナを侵略…最新ニュース・速報まとめ
ウクライナのゼレンスキー大統領(上)がオンラインで参加して行われたG7首脳の討議。左から2人目は岸田首相(27日午前、ドイツ南部エルマウで)=代表撮影
ウクライナのゼレンスキー大統領(上)がオンラインで参加して行われたG7首脳の討議。左から2人目は岸田首相(27日午前、ドイツ南部エルマウで)=代表撮影

 ゼレンスキー氏はサミット2日目のウクライナ支援をめぐる議論に参加し、東部戦線でロシアと激しい戦闘が続いていることを踏まえ、新たな軍事と財政面での支援を要請した。サミット出席後、SNSに「G7が制裁で一貫した立場をとることが重要だ」と投稿し、対露制裁の強化を求めた。

 G7各国は新たな制裁として、ロシア産石油の取引価格への上限設定の導入を検討している。G7はロシアからの石油輸入の段階的停止で一致しているが、石油価格上昇で制裁の効果が薄れており、追加制裁でロシアの戦費調達に影響を与える狙いがある。

 米政府高官は27日、具体的な上限設定の仕組みについて「ロシア産石油を輸送するサービスを通じて実施される」と説明した。米メディアによると、設定価格以下でロシア産石油が取引される場合に限り、船舶保険の利用を認める仕組みなどが検討されている。

 ウクライナ支援に関する首脳声明では、対露制裁について「必要である限りにおいて制裁を継続し、一致して行動する」と盛り込んだ。「エネルギー依存を減らす適切な措置をとり、ロシアの輸出収入をさらに減少させる」と明記した。ロシアからの輸入品に課した関税措置で得られた収入をウクライナ支援に充てることも掲げた。

 軍事支援に関し、「ウクライナの緊急の要求を満たすための取り組みを調整する」と記し、米欧の最新兵器の供与を今後も続ける方針を示した。軍事侵攻を続けるロシアと侵攻を支援しているベラルーシを強く非難し、即時停戦とウクライナ領内からの軍隊の撤収を要求した。

 和平実現後、G7がウクライナの安全を保証するための国際合意を関係国・機関との間で交わす「用意がある」と明記した。「安全の保証」はロシアからの侵略を抑止するため、ウクライナが米欧に求めていた。

  ◆ウクライナ支援に関するG7声明のポイント◆

 ▽必要な限りウクライナと共にある

 ▽ロシアに無条件での即時停戦とウクライナからの全軍隊の撤収を要求

 ▽ロシアの将来の侵略を抑止するための国際合意を関係国・機関の間で交わす用意

 ▽ロシアに黒海封鎖の解除を要求

 ▽露産の金取引を制限。対露輸入関税で得た収入をウクライナ支援に充当

ウクライナ侵略、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
3119245 0 国際 2022/06/27 22:15:00 2022/06/28 00:51:32 2022/06/28 00:51:32 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220627-OYT1I50150-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)