ショッピングモールに露ミサイル…ゼレンスキー氏「1千人以上いた、被害の数は想像できない」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ショッピングモールに露ミサイルの動画はこちら

 【キーウ(キエフ)=深沢亮爾】ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は27日、自身のSNSを通じ、中部ポルタワ州の都市クレメンチュクのショッピングモールにロシア軍のミサイルが着弾したと明らかにした。

根室のサンマは昨年の5倍以上の高値、1キロ5万円…初水揚げ「思ったより少なかった」
27日、ウクライナ中部クレメンチュクで炎上するショッピングモール(ロイター)
27日、ウクライナ中部クレメンチュクで炎上するショッピングモール(ロイター)

 SNSでゼレンスキー氏は、ショッピングモールには1000人以上がいたと指摘し、「被害者の数を想像することさえできない」との認識を示した。ゼレンスキー氏はショッピングモールには「戦略的な価値は全くない」と強調し、ロシアが住民の無差別殺害を狙ったと非難した。

 大統領府副長官によると、2人が死亡、約20人が負傷した。このうち9人が重傷という。建物は激しく炎上しており、死傷者は増える恐れがある。

 一方、タス通信は27日、東部ルハンスク州の全域制圧を目指す露軍側が、ウクライナ軍が管理する最後の拠点都市リシチャンスクに5方向から市内に進入していると伝えた。州知事はSNSを通じ、露軍は「教会や住宅など何もかも破壊している」と非難し、市内から直ちに退避するよう住民に呼びかけた。ウクライナ軍側も抗戦しており、激しい攻防が続いているとみられる。

ウクライナ侵略、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
3119526 0 国際 2022/06/28 00:19:00 2022/06/28 12:03:04 2022/06/28 12:03:04 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220628-OYT1I50021-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)