G7、ロシア制裁に加わらぬ招待5か国に秋波送るが…印「割安な露産原油を輸入するしかない」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【エルマウ(ドイツ南部)=中西賢司、ニューデリー=浅野友美】ドイツで28日に閉幕した先進7か国首脳会議(G7サミット)は、インドやセネガルなど招待5か国と気候変動対策などで協力し、途上国支援を強化する方針を表明した。ウクライナを侵略したロシアへの制裁に加わっていない5か国を自陣営に引き寄せる狙いとみられるが、ロシアへの立場の違いは埋まらず、協力範囲を広げていけるかは未知数だ。

ロシア戦死者、少数民族地域が突出…「激戦地への投入」差別的と反発の動き
27日、ドイツ南部エルマウで、握手するセネガルのサル大統領(左)とショルツ独首相=AP
27日、ドイツ南部エルマウで、握手するセネガルのサル大統領(左)とショルツ独首相=AP

 今回招待されたのは、インド、インドネシア、南アフリカ、アルゼンチンのG20(主要20か国・地域)4か国とアフリカ連合(AU)議長国のセネガル。G7議長国ドイツのショルツ首相は27日の声明で、「民主主義国家として我々は似た世界観を持っている。お互いの意見に耳を傾けることは相互理解を生み、協力を促進する」と強調した。

 G7首脳は今回、途上国でインフラ投資を促進するため、2027年までに投資総額6000億ドル(約81兆円)を目指す新融資枠組みの構築を発表した。さらに、食料不足が深刻化するアフリカ諸国などへの45億ドル(約6100億円)の追加支援も表明した。開発援助でアフリカなどに浸透する中国に対抗するものだ。

1

2

ウクライナ侵略、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
3122402 0 国際 2022/06/28 23:53:00 2022/06/29 08:31:33 2022/06/29 08:31:33 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220628-OYT1I50158-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)