ロシアが攻撃の商業施設、死者・不明60人に…半世紀前のミサイルが被害拡大との見方も

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【キーウ(キエフ)=深沢亮爾】ウクライナメディアによると、ロシア軍のミサイル攻撃で全焼した中部ポルタワ州クレメンチュクのショッピングモールでの死者・行方不明者が、これまでに計60人に達した。露軍は他の地域でもミサイル攻撃を続けている。

ロシア軍、クリミアから戦闘機24機など撤収…軍用飛行場の爆発受け
ロシア軍のミサイル攻撃を受けたウクライナ中部クレメンチュクのショッピングモール(28日、AP)
ロシア軍のミサイル攻撃を受けたウクライナ中部クレメンチュクのショッピングモール(28日、AP)

 クレメンチュクのショッピングモールでは28日も救助隊が捜索活動を続けたが、付近には複数のミサイルが撃ち込まれたとみられ、犠牲者はさらに増える可能性がある。

 ポルタワ州と隣接する東部ドニプロペトロウシク州ドニプロにも28日、露軍のミサイル攻撃があった。着弾した自動車修理工場で、複数の人が生き埋めになっているとの情報もある。ウクライナ当局は28日、この攻撃に関し、露軍が艦艇発射型の巡航ミサイル「カリブル」など計6発を発射し、うち4発を迎撃したと発表した。

 このほか露軍は、ウクライナ上空の制空権を確保できていないため、1960年代に開発された旧式の空対艦ミサイルも、ロシア領内から発射している模様だ。命中精度が低いミサイルを地上攻撃に転用していることが、民間施設の被害を拡大させる一因になっているとの見方がある。

ウクライナ侵略、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
3123860 0 国際 2022/06/29 13:49:00 2022/06/29 17:40:53 2022/06/29 17:40:53 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220629-OYT1I50086-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)