トルコ「望むものは全て得られた」…北欧2国のNATO加盟受け入れ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【マドリード=梁田真樹子】北大西洋条約機構(NATO)へのスウェーデンとフィンランドの新規加盟を巡り、加盟に反対していたトルコが28日、テロ組織の活動抑止などの要求が受け入れられたとして加盟支持に転じ、北欧2国のNATO入りが固まった。28日に開幕したNATO首脳会議では、直前に開かれた先進7か国首脳会議(G7サミット)に続き、ウクライナを侵略しているロシアへの対抗姿勢を鮮明に打ち出す。

【随時更新】ロシア軍、ウクライナを侵略…最新ニュース・速報まとめ

 トルコのタイップ・エルドアン大統領とスウェーデンのマグダレナ・アンデション首相、フィンランドのサウリ・ニーニスト大統領は28日、マドリードで会談した。仲介役のイェンス・ストルテンベルグNATO事務総長も参加した。

 会談では、トルコが「テロ組織」としている「クルド労働者党」(PKK)について、北欧2国もテロ組織と認定し、活動抑止への協力や、資金調達の禁止を進めることを確認した。また、PKK関係者らクルド人活動家のトルコへの引き渡しや、武器禁輸の解除などに応じることでも合意した。

 これまでの要求がほとんど受け入れられたことを踏まえ、トルコは北欧2国のNATO加盟支持に転じた。トルコ大統領府は28日、「望むものは全て得られた」との声明を発表した。ストルテンベルグ氏は会談後の記者会見で、「新規加盟に門戸を開くNATOの政策の歴史的成功だ。同盟はより強固になる」と強調した。

 北欧2国は、ロシアによるウクライナ侵略に危機感を強め、長年維持してきた軍事的な「中立」政策を転換し、5月にNATO加盟を申請した。トルコが「北欧2国はクルド人活動家らを支援している」と反対したため、バイデン米大統領が28日にエルドアン氏と電話会談して説得に当たるなど、調整が続いていた。

 NATO首脳会議は28日夜(日本時間29日未明)、スペイン国王フェリペ6世主催の晩さん会で開幕した。29日午前(同29日午後)の会合では、ロシアや中国への対抗姿勢を打ち出す新たな「戦略概念」について議論する。ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領をオンライン形式で招き、ウクライナへの軍事支援強化も議論する。

 29日午後の会合には、岸田首相や韓国、オーストラリア、ニュージーランドの首脳も出席する。

ウクライナ侵略、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
3123816 0 国際 2022/06/29 13:19:00 2022/06/29 20:48:12 2022/06/29 20:48:12 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220629-OYT1I50090-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)