「サル痘」対策で米、ワクチン30万回分を数週間のうちに各州へ配分

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=冨山優介】米政府は28日、欧米を中心に感染が増加している天然痘に似た感染症「サル痘」への対策として、ワクチン約30万回分を数週間のうちに各州へ配分すると発表した。ワクチンは米食品医薬品局(FDA)が認可しており、重症化リスクの高い18歳以上が2回接種する。5万6000回分は国家の戦略的な備蓄物資の中からすぐに供給されるという。

 米疾病対策センター(CDC)によると、米国では28日時点で306人が、サル痘や類似のウイルスに感染している。世界全体では4769人となっている。

スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
3124579 0 国際 2022/06/29 17:52:00 2022/06/29 17:52:00 2022/06/29 17:52:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)